“本作ではアメリカ防衛省の協力を得ているのですが、主人公は劇中で銃・兵器を使っていないんです。手に持ってはいるけど、発射はしていない。発射した人はみんな死ぬ。発射しなかった人だけが生き残るんです。”
“こういうものを作りたいというイメージや、非常に大きな野心を持っていても、時間的なことや現実的な問題で、少しずつ制御されてしまう……。監督はあまりこういうことを告白しないと思いますが、やっぱり、スタートは最も偉大な映画を作るぐらいの気持ちでいないといけない。『いい映画を作ろう』くらいに思っていると、途中の妥協などのいろいろな問題で、かなり悪いものができてしまうということになりがち。”
“コミックスを一度に10冊以上ご購入いただき、会場スタッフに「読まずに燃やします!!!」と元気よく言うと「樹海少年ZOO1」の生原稿を一枚もらえるよ!(コミックスの組み合わせは自由。原稿は選べません。小保方さんの「スタップ細胞はあります!」くらい元気よく言わないと貰えません。”
“ババア 抱き枕(クッション付)”

welcome-to-monster-island:

Eh…

I don’t know.

Something about this one just isn’t right with me.

I know it’s meant for comedic purposes, but some of the gags here have either been explained in the movie or just don’t make sense given the universe it’s suppose to take place in.

But, that’s just me.

“魑魅魍魎って四字熟語、鬼の部分が全部乗り物に見えて楽しそう”
Twitter / kkshow (via chptr22)

(izmix-trから)

“アイカツやってるお兄さんはアイカツおじさんって呼ばれてるけど、レベルファイブの流れで妖怪ウォッチ見始めたお姉さんはどうなるの? 妖怪ババアなの?”
“学校に二宮金次郎像を建てる国で歩きスマホが無くなるわけないだろ。”

frektane:

i’m literally about to cry this is so cute

(fuckyeahpacificrimから)

“最後はBIOSのPOST画面すら表示されなくなり,電源ボタンを押してもファンが一瞬回ってすぐ止まり,また回転してすぐ止まる……という状態に陥ってしまったのだ。有り体にいうとご臨終である。”
 以前、海外専門の駐在員をしていたころ、日本人の客からちょくちょくクレームをもらった。これはヨーロッパならではのクレームである。いわく、
「床にスーツケースを開けて広げられないほど部屋が狭いのよ!」
「日本人が小さいからって、わざと狭い部屋をあてがったりして」
「そりゃわたしたちは日本人だもの、たしかにうさぎ小屋に住んでいるけど、海外に来てまでこんな仕打ちはないんじゃないの?」
 と挙句には、目に涙をいっぱいにためる中年のご婦人までがいた。
 すべて誤解に満ち溢れている!
 ヨーロッパ人が広い部屋に住んでいると、どうして思い込んでいるのか?
 それはきっと、われわれ日本人がうさぎ小屋に住んでいると思っているからである。
 ここで上のデータを見てもらいたい。
 アメリカが断トツ1位になったのは、たぶん想像どおりだろうが、日本の5位はたぶん想像を超えている。
 添乗員をやっていたころ、「実は意外と日本の家屋は広いんですよ」と、このデータを見せて説明できていたなら、客の納得度もさらにアップしていたにちがいない。
 ではどうして日本人は、うさぎ小屋に住んでいることになっているのだろうか?
  資料によれば、ECで日本の報告書をつくったおりに、当初フランス語で日本人は「cage a lapins」に住んでいると報告されていた。これが英語に直訳といううか、誤訳されて、日本語で「うさぎ小屋」となったのである。しかし、「cage a lapins」というフランス語は、「都市型の集合住宅」といった意味もあり、これから連想されるのは、当時開発されていた高島平などの巨大集合住宅だっ た。

活字中毒R。 (via kikuzu)

happywingnon117からリブログしました

(via tataraseitetsu)

(yominuxxから)