“なお、この手の動画を見ている人の多くは忙しくない人だと思われる”

andmusik:

“In the universe, there are things that are known, and things that are unknown. And, in between, there are doors.”

Having honed a clear and uncompromising sound, which has been flexed across all manner of tempos, AnD return to Electric Deluxe with their first full body of work: a sonic contemplation of the cosmos, woven with all their industrial tropes in tact. The venomous hats and cavernous rumblings on “Power Spectrum”, the caustic squeals of “Acoustic Oscillations” and the anxious pistons in “Gravitational Waves”, for example, should instantly resonate with fans of the duo’s wanton dancefloor works. But another cataclysmic compilation this is not. ‘Cosmic Microwave Background’ is a far more composed and calculated affair, which sees the AnD sound assiduously recast into long-player format. The analogue bleeps of “Particle” and grainy textures in “The Epoch of Recombination” are some of the fluctuations that temper AnD’s debut album into a solid listening experience, meanwhile exposing some of the pair’s fluid and intuitive working process—with themselves as much as with their machines. Juxtaposing production precision with more freeform composition, ‘Cosmic Microwave Background’ as an opus is as intriguing and unexpected in its entirety as it’s individual parts—for the vinyl collectors, reordered here into a double LP of functional floor material and more experimental pieces. Not that the album is quite so black and white. There are anomalies such as “Non-Sky Signal Noise” which tread the velveteen grey area in between, with truly rewarding results. On ‘Cosmic Microwave Background’ AnD have found their door between worlds, and flung it wide open. The sleeve artwork has been created from a series of paintings by AnD themselves, reinterpreted here by EDLX’s own in-house designer Jan Willem van de Baan into a set of industrial-evoking pieces inspired by the sound and aesthetics of the LP. “Cosmic Microwave Background” will be out on October 20th, serving as the final high point of this year’s Amsterdam Dance Event, where Electric Deluxe is hosting a showcase

tabuna:

NEWたぶT
↓ご購入はこちらから
   
irusu tabuna:

NEWたぶT
↓ご購入はこちらから
   
irusu

tabuna:

NEWたぶT

↓ご購入はこちらから

   

irusu

“アラームを止めたあと、制限時間内に家から離れないと、友達や家族にTwitterやSMSで反省文が送信されてしまいます。”
“■本兌 有(ほんだ・ゆう)
『ニンジャスレイヤー』の翻訳チームスタッフ。主にブラッドレー・ボンドの執筆エピソードを翻訳。座右の映画は『コナン・ザ・グレート』と『ヒルズ・ハブ・アイズ』、『ガルシアの首』。地下室でケッチャムを繰り返し読むうちに頭がばくはつしてニンジャ真実に到達した。
■杉 ライカ(すぎ・らいか)
『ニンジャスレイヤー』の翻訳チームスタッフ。主にフィリップ・ニンジャ・モーゼズが執筆したエピソードを翻訳。『デスペラード』を繰り返し観ているうちにサブリミナルメッセージに気付き、ニンジャスレイヤー翻訳を開始、ビールとドリトスとゴシック文学がだいこうぶつ。”

hirainus:

臓器提供NPOが「命知らずのアホ伝説: ネットの歴史に名を刻む者」たちを採用:DDN JAPAN

彼らの8つの臓器は

臓器提供することができます

幸いなことに「脳」は

含まれません

(wikeakaから)

“「力を持つ物語は、世界を変えうる」という展開。「そう 例えるなら…… 聖書」私は忍殺のツイッター連載が第二部のクライマックスに近づくにつれ確信したのです。ニンジャスレイヤーはそれであると。”

忍殺のツイッター実況に参加したことのある方ならおわかりだろう。次のツイートであのキャラはどうなる? 勝つか? 負けるか? まさか……死ぬ? そしてタケノコが光り……! ウワアアアアアアアアアアーーーーーーーッ! 鼓動が早まり、喉は渇き、次のツイートを待つ間に呼吸は荒くなり、吐息はディスプレイを曇らせる!! まだ世界までは変わっていないかもしれない! だが確実に今! 一人の人間が死にかけている!!

ニンジャスレイヤーはこれができる物語なんです。

そして読者数がこのまま増え続けたら? 連載中に何人が死にかける? もしかしたら実際死ぬ! 想像してみてほしい。フジキドが、ガンドーが、実際死にそうなシーンをだ。デスドレインでもいい。ザクロかもしれない。カタオキはどうだ? あなたは耐えられるだろうか。

物語が物理的肉体に影響を及ぼす。その異常な現象がツイッターというリアルタイム性と合わさってひとつになった時、状況は加速し、現実の境目はあいまいになり、ゼンめいて混ざり合い、やがてあなたはこう思う事だろう。「ニンジャは……実際いる?」少なくとも私はその地平に至ったことがある。この物語は読者の精神に食い込みすぎている。もはや現実と相違ない!

sushiobunny:

Woah, this is adorable.